おすすめ映画作品11。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

おすすめ映画作品11。

  • 2016年10月17日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

10月も半ばを越えて、朝方は寒いぐらいで、長袖必須になりましたね。

 

短い秋ですけど、しっかり堪能したいです。

 

今回は、久々のおすすめ映画作品の紹介です(前回は「クヒオ大佐」でした)。

 

1995年アメリカ公開の、デビット・フィンチャー監督、「セブン」です。

映画セブン2

 

定年退職が目前に迫るベテラン刑事(モーガン・フリーマン)と野心に満ちた若手刑事(ブラッド・ピット)がコンビを組んで、連続して起こる、殺人事件を捜査することになります。

 

それぞれの現場に残る、残忍な内容と部屋の壁などに書かれたメッセージが「大食」、「強欲」、「怠惰」・・・。

 

イエス・キリストの7つの大罪をモチーフに、被害者の数を合わせている、犯人の意図が示唆されていました。

 

常に何かの可能性を考え、慎重に対応するフリーマン演じる老獪刑事に対し、仕事熱心で、愛妻家、そして血気盛んなピットは、アクティブに犯人の痕跡を調べ、追いかけます。

映画セブン3

 

若さゆえの、この行動が、異常性格者の犯人の心の琴線を触れさせてしまうのですが・・・。

セブン映画1

 

犯罪の邪魔をされた犯人は、計画を変更して、映画はクライマックスを迎えます。

 

警察に自ら出頭して、自分が殺人犯であることを告げたうえ、2人の刑事に担当を指名、取り調べされながら、ある場所へ連れて行くよう、指示します。

映画セブン4

 

回りに何もない荒野のような場所に到着、しばらくすると宅配便の車がやってきて、小ぶりのダンボール箱を配達されます。

 

箱を開封したフリーマンは絶句し、中身を知ったピットは悲しみと怒りを爆発させます・・・。

映画セブン5

 

劇中、何度も雨が降りしきるシーンが印象的で、作品の不気味さを表していると思います。

若き日のピットの後先顧みない正義感と、フリーマンの重厚さが、作品にとてもハマっていて、ピットの代表作といえるでしょうね。

 

また、不定期で作品を紹介していきます。