おすすめ映画作品13。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

おすすめ映画作品13。

  • 2017年07月10日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

台風が九州地方を巻き込んで、大きな被害をもたらしています。

 

7時間で600mmの雨量は、凄まじい降り方だったことを物語っています。

 

早期に復旧することを祈念したいです。

 

今回は、久々に映画紹介をします(前回は「ビューティフル・マインド」でした)。

 

1994年仏米合作、リュック・ベッソン監督の「レオン」です。

 

ニューヨークで孤独に生活する、レオンは、依頼された「仕事」を完璧に遂行する、プロの殺し屋で、同じアパートの隣に住む少女マチルダに助けを求められ、匿うことになります。

レオン1

 

物語そのものは、うら寂しい、殺伐とした内容のはずなのですが、ジャン・レノが演じるレオンと、マチルダ役のナタリー・ポートマンとの、奇妙な信頼関係が、作品そのものを際立てています。

レオン2

 

マチルダの家族を情け容赦なく殺害する、麻薬取締官スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマンです)の異常さは、警察という冠をつけた、麻薬密売の、隠れた一員そのものを表現する、見事なキレっぷりでした。

レオン4

 

マチルダが、レオンから銃の扱いを習うシーンや、ピザの宅配店員を装って、麻薬取締局に乗り込んでいく姿は、精神年齢の高さを意識して、存在感を強くしています。

レオン3

 

後半、レオンを抹殺するため、多くの警官を動員し、アパートに乗り込む、スタンスフィールドが、突入部隊員を装ったレオンの行動を見抜いて、彼を追い詰めます。

 

狙撃され瀕死の状態となった、レオンがスタンスフィールドにしっかり握り渡した、金属のリング。

 

スタンスフィールドがすべての意味を理解した、その瞬間に起きる大爆発は、レオンの怒りを表しているようでした。

 

エンドロールで流れる挿入歌、スティングの「SHAPE OF MY HEART」に、哀しさがあります。

 

ジャン・レノの出世作ですが、ナタリー・ポートマンの、とても子役とは思えない雰囲気が、傑作にインパクトを与えています。