世界陸上、マラソンニッポン男子惨敗・・・。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

世界陸上、マラソンニッポン男子惨敗・・・。

  • 2015年08月24日

225-2

225-1

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

お盆が過ぎると、急に夜間涼しくなってきました。

寝苦しさは解消されたものの、日中との温度差が大きくなって、体調崩しそうです。

油断すると、夏風邪をひくので、気持ちを緩めないようにしたいです。

先日から2年に1度開催の世界陸上が北京で開催されています。

男子100mではウサイン・ボルトが、2大会連続で、「人類最速」の称号を保ちました。

本調子でないなかでも9秒79、さすがです。

また、注目(ボクだけでしょうか・・・)の男子マラソンも早速、行われました。

猛暑の北京でのレース、序盤はスローで選手たちがお互いけん制し合いながら、ペースの上げ下げが頻繁に繰り返されていました。

そんななか、ケニア・エチオピアなどのアフリカ勢は終始主導権を握り、集団を淘汰させてしまう戦術をとっていました。

35kmを過ぎてからの終盤に、エリトリアの19歳、ゲブレスラシエが抜けだして、初優勝。

日本の藤原正和・前田和浩の両ベテラン2選手は、中間点付近までにすでに脱落していました。

お二人とも34歳、マラソンは経験がものをいう競技ですが、世界大会で戦うには、ハンデが大きいです。

10年ほど前に、「駅伝がマラソンをダメにした」という本が刊行されたことがありました。

正月の箱根駅伝は、TVなどメディアを介して、脚光を浴びる大舞台ともいえる大会です。

大学生の競技レベルが格段に向上した半面、在学4年の間に伸びシロがとられてしまって、卒業後走り続けても、故障や「燃え尽き症候群」などで、マラソンに着手できない選手がたくさんいる、という弊害も・・・。

若手選手でマラソンの期待に添えるランナーが見当たらない現状を物語っていると思います。

マラソンは良い時も悪い時も、話題になる競技でもあり、またいつか(もちろん早いに越したことは・・・)、スター選手が出てきてほしいです。