妊婦さんの歯科治療。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

妊婦さんの歯科治療。

  • 2015年05月25日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

まだ5月ですけど、だんだんと暑さを感じるようになってきました。

今週は気温30℃超えがみられる日があるそうです。

最近は普通になってきている、「早い夏」が、今年もやってくるんですね・・・。

日常の診療のなかでも、妊婦さんが虫歯や親知らずの痛みで来院されること、よくよくあります。

受診のきっかけで最も多いケースは、神戸市が取り入れている、妊婦さんの無料歯科検診ですが、治療を受けられる、妊娠患者様は増えています。

妊娠されている方の歯科治療については、内容にもよりますけど、妊娠安定期といわれる、3か月~8か月の時期に行うのが、おおむねベストといわれています。

治療の内容も、母体への侵襲の程度が大きくなければ、見合わせることはあまりないです。

気をつける点は、お薬の「痛み止め」で、通常なかば定例的に処方させてもらう酸性鎮痛薬(ボルタレンやロキソニンといったところです)は、胎児への心奇形報告があり、アセトアミノフェン(カロナールなど)に変更、それでも服用してもらわないようにお話します。

親知らず抜歯などは、たとえ比較的楽に歯を抜く事ができても、後の症状には個人差もあり、痛みが出ることもあることを考えれば、出産まで抜歯せず、歯の内部に鎮痛目的の歯科薬剤を詰めるなどで、応急的対応を行うことが望ましいです。

虫歯による「歯痛」での局所麻酔は、産科先生も「アレルギー既往がなければ、まず心配ないです」のコメントで、それらを確認しての抜髄(歯の神経を取る)処置敢行、の流れであったりします。

こうしてみると、妊婦さんの歯科治療には無駄な緊張を避けてもらうような形で、手短に対応していくのがおおいに必要なのかな、と(他の患者様に対しても同じではないでしょうか・・・)。

何事も慎重に、患者様に安心していただける治療を提供したいものです。