歯の治療の中断・・・。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

歯の治療の中断・・・。

  • 2015年08月17日

224-1

224-2

224-3

 

 

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

お盆はひっそり訪れ、あっという間に過ぎ去っていきました。

今年は戦後70年で、例年以上に第二次大戦の内容を取り上げた新聞記事やTV番組が多かったです。

割合では日本の大多数を占める、「戦争を知らない人たち」に「戦争を知ってもらう」ことが目的の一つでもあったのだと思います。

先月でしたか、治療の途中で来院されなくなった患者様のなかで、一部の方に「その後、どうなっておられますか」的内容のはがきを送らせていただきました。

時間がないなかでも、なんとかやり繰りして、予約をとっていただいておられたのが、ある1回のキャンセルがきっかけで、来られなくなる、などのケースです。

初診、再診に関わらず、朝早い時間や診察終了間際に来院、他に虫歯があっても、主訴である歯だけの治療を希望される、いわゆる「飛び込み」の方などの場合は、除外させてもらっています。

開業地の影響で、にしクリの患者様では、サラリーマンやOLのバリバリの働き盛りの方の受診が多いです。

診療中に何気に交わす会話のなかで、「仕事の拘束で、受診できる時間に限りがある」というものが、頻繁に登場します。

ボクらも出来る限り、その声に応えようと、アポイント時間を調整しながら、診療を進めていくようにしています。

はがきを投函しての反応はある意味、特徴的でした。

約6割を占めたのが、お引っ越しや転勤による、「移転」された患者様。

転居先に郵送されてから、電話で「すいません、東京(神奈川、千葉、埼玉といった首都圏)に異動になったんです、治療は行けてないんです・・・」と連絡していただいた方、10名ほどおられました!

その他、転居先不明ではがきが舞い戻るケースも目立ちました。

歯の治療が中断して、そのままになっていて、いいことはほとんどないです。

図のような、詰め物・かぶせ物の型どり前後であれば、歯が欠けたり、咬み合わせの相方や隣の歯が動いて、入らなくなったり。

歯の根の治療の途中であると、根の先にバイ菌が繁殖して、余計に治療回数がかかることになります。

電話をいただいた患者様全員に、「是非、早いうちに、お近くの歯医者さんで続きの治療に受けて下さい」とお伝えしました。

診させていただいた歯が、長きにわたって保ってもらいたいですね。