WBC2017、侍ジャパン。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
      1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

WBC2017、侍ジャパン。

  • 2017年03月14日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

寒い時は、2月の余韻が伺えるものの、卒業式帰りの学生さんを見かけると、「春やなあ・・・」と実感します。

 

野球の国際大会WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)が2次ラウンドに入り、盛り上がりを見せています。

 

日本は、野球での世界ランキング堂々の1位(サッカーでも他の競技でも、ほぼアテにならない順位付けですけどね)、大会直前の評価も高いものがありました。

 

小久保裕紀監督のもと、代表に選抜された選手たちは、走攻守バランス良く、高いレベルにあることが理解できます。

小久保監督

 

今のところは、額面どおりの奮戦が続いており、1次ラウンド初戦から負けなしで、ここまできています。

 

特徴は全員野球で、ヒーローが試合のたびに変わっているということです。

 

2次ラウンドでいうなら、オランダ戦での3ランホームラン決勝タイムリーを放った中田翔選手、キューバ戦で2ホームランを打った山田哲人選手、緩急を使い分けて、相手打線を手玉にとる牧田和久投手、など・・・。

中田翔 山田哲人牧田和久

 

日本が歴代大会と同様、今大会でも実践している、ソツのない、データをフルに生かした、コンパクトな機動力が、投打ともにうまくかみ合って、勝利を手にしている流れです。

 

小久保監督はプロチームでの指揮経験はゼロながら、この短期決戦、「負けたら、もう後がない」の意識で、覚悟を決めて、仕事をしている様が伝わってきます。

 

なんとか、勝ち続けて、2大会ぶりの優勝を手にしてほしいです。