小児歯科

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

小児歯科

乳歯を守るのは親の責任です

乳歯はお子様の成長に大切な役割を担っています。乳歯は永久歯よりも歯の質が柔らかく、歯磨きがおろそかになるとあっと言う間に虫歯になってしまいます。乳歯の虫歯になると痛みから食事が摂りづらいだけでなく様々な弊害が出てきます。
可愛い我が子の成長のためにも、乳歯を守ってあげるのは親の責任です。日頃からお子様の口の中を気にかけて頂き、小さな虫歯の間に早期発見早期治療でお子様の歯を守ってあげましょう。

Q&A

Q.乳歯の大切さって?
乳歯はこのような役割があります。
① 噛む事による成長の促進
食事が適切に取れる事による栄養吸収はもちろんのこと、噛むことによって脳の発達にも影響します。
②正しい発音
乳児期は言語を覚える大切な時期です。虫歯のない歯は正しい発音が可能になります。
② 永久歯の正しい萌出
乳歯が虫歯になり早く抜けてしまうと、永久歯の歯並びに影響する可能性があります。
フッ素って何ですか?何歳くらいから出来るの?
フッ素は歯の質を強くして虫歯になりにくい歯を作るための薬液です。歯科医院で歯の表面に塗る方法とご自宅で定期的にうがいをしていただく方法があります。フッ素の時期ですが、うがいが出来るようになったりスタッフとお子様が意志疎通が出来る年齢になれば可能です。特に永久歯の生えかわりの際は効果的です。

にしまつ歯科クリニックでは、女性歯科医師が副院長として、診療に従事しています。子供をもつ母親の目線で、乳歯の虫歯治療を行う事ができます。「虫歯かな?」だけでなく「うちの子の歯や歯並びは大丈夫?」などのお子様のお口の中の不安や相談があればお気軽に受診して下さいね。
また歯の質を強くするフッ素なども行っています。歯の健康管理を一緒に行いましょう。