公立高校バッテリーがドラフト1位。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

公立高校バッテリーがドラフト1位。

  • 2021年10月12日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

先週後半から10月とは思えない暑い日が続きました。

 

気温30度越えを記録した地域が多数で、「秋の気配」はまったくなかったです。

 

プロ野球のドラフト会議が開催されました。

 

近年は、チームの優勝やクライマックスシリーズをかけた、シーズン大詰めにドラフトが開かれるので、話題が短期間でさらわれていく感じがします。

 

今年の注目株は市和歌山高の小園健太投手。

 

春の選抜大会、甲子園で切れのいいストレートと複数の変化球を駆使して力投する姿が記憶にありました。

 

愛するタイガースが事前記事で掲載されていたとおり、果敢に1位指名しましたが、ベイスターズとの競合でハズレの結果に・・・。

 

矢野監督は、昨年の佐藤輝明選手のような「大当たり」の再現とはいきませんでした。

 

小園投手とバッテリーを組む松川虎生捕手がマリーンズに1位指名されており、公立高校から2人がドラ1誕生となりました。

 

2人は中学も同じで、6年間歩調を合わせてきた者同士が、プロの世界に入る、それも普通校ドラフト1位というのはなかなか実現しないことです。

 

アマチュアの野球人口の数を考えると、プロに進めるのは、ほんの一握りで、入ってからも熾烈な競争が果てしなく続いていくわけで・・・。

 

虎の一員になってもらえなかったのは残念ですけれど、お二方ともに将来、日本代表に選ばれるような活躍を期待したいです。