アナフィラキシー・ショックの講演。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

アナフィラキシー・ショックの講演。

  • 2019年10月1日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

台風がまた発生しましたが、日中の暑さはまだ続くのかな、と思わせますね。

 

対照的に夜間も朝方も、涼しすぎるぐらいの肌寒さがあったり、で寒暖の差が・・・。

 

体調を崩さないようにしたいものです。

 

先日、治療中のアクシデントに対する講演会、参加しました。

 

講師は大阪大学歯学部麻酔科教室教授の丹羽均先生で、医療事故のリスクマネージメント関連のお話に多く登壇される方です。

 

日常診療での不測の事態、できることなら願い下げしたいところですが、仕事をしている以上、そういうわけにはいかないです。

 

歯科医が現役の間に一度は遭遇するかもしれない事項に「アナフィラキシー・ショック」があります。

 

アレルギーのなかでも、最上位にくる重篤なもので、呼吸苦や血圧低下をきたして、亡くなってしまうケースが散見されるぐらいです。

 

エピペン®などアドレナリン薬剤を筋肉注射で対応するのですが、投与量に微妙な上限もあり、切羽詰まったシチュエーションで手際よく手技ができるかというと、ボク自身も「独り」では注意しければ、になります。

 

 

にしクリはDr2名で、お互いでフォローし合うことにしていますが、それでもアクシデント発生すれば、そばで客観的にサポートしてもらうスタッフの存在は大きいです。

 

リスクマネージメントの肝がマンパワーであることも、自身の脳裏に刻みました。