新年の外傷処置。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

新年の外傷処置。

  • 2019年01月8日

あけましておめでとうございます、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

2019年が始まりました。

 

5月1日より、平成から新元号にバトンが渡される訳ですけど、昭和生まれのボクにとっては、通算2度目の歴史変換を体験することになります。

 

いい意味で様々な事に期待をしたいと願っています。

 

にしクリの新年は、5(土)のスタートとなりました。

 

年末の大掃除を経て、綺麗に施した診療室で治療に臨むのは、気分のいいものです。

 

転倒や衝突でお口をケガされた、複数の方の処置もありました。

 

クチビルや舌の裂傷なら、縫合して閉じます。

 

止血が一番の目的ですが、審美的修正など、もちろん他の理由もあります。

 

粘膜部ならやや細めのナイロン糸や絹糸も使いますが、皮膚への貫通創ならば、内層縫合に「バイクリル」など吸収する糸も駆使します。

 

また、歯の動揺があるようならば、ワイヤでの固定を行うことになります。

 

期間は3週間前後で、ワイヤを外した後もしばらくは経過を確認するため、レントゲンを撮影したり・・・。

 

噛み合わせがずれていたりすれば、顎の骨折を疑い、はっきり確認できれば、早急に自身が勤めていたような病院口腔外科へ紹介受診とします。

 

入院や全身麻酔での手術があるからです。

 

子供さん、現役世代の働き盛りの人、高齢者の方、いずれの年代もケガは常について回るものです。

 

外傷患者様が来院された際、出血などへの対応が早くに必要であれば、優先して治療を行うため、予約の方より順番が逆転することがありますので、ご了承下さい。

 

本年もよろしくお願いいたします。