歯内療法の講演会。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

歯内療法の講演会。

  • 2018年02月26日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

暖かくなってきました、厳冬は峠を越したかも、ですね。

 

もう少し我慢すれば、春が訪れそう、というにはまだ先でしょうか。

 

先日、東灘区、灘区、中央区との合同講演会が開催されましたので、ご報告させていただきます。

 

年に1回行われる、この講演会、今回は大阪大学歯学研究科の木ノ本喜史先生による、根管治療のお話でした。

 

1本の歯を守るために考えるべきこと」のタイトルどおり、いかにして歯を長期にわたり、残せるのか、をテーマにした内容でもありました。

 

深い虫歯で、痛みがあまりに強い場合は仕方がないものの、できることなら歯髄(歯の神経)は保存しておきたいものです。

 

なぜか?抜髄=歯の神経を取る、と確実に歯そのものが弱ってしまうからです。

 

木ノ本先生は、歯が弱ってしまう、その状況を少しでもよい条件にしておくことはできないものか、を経験則に基づく観点でお話してくださいました。

木ノ本先生1

 

著書を何冊も出版されており、様々な会場で講演されているだけあって、シンプルかつ、まとまった話術で、聴いている人を惹きつけておられました。

木ノ本先生著書

 

根管治療に利用するアイテムも多く教えてくださり、非常に勉強になりました。

 

予定の2時間は、あっという間に過ぎ去り、有意義な会となりました。

 

懇親会でもいろいろとお話をうかがうことができ、勉強になりました。

 

木ノ本先生、ありがとうございました。