「神戸電鉄殺人事件」。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

「神戸電鉄殺人事件」。

  • 2018年03月5日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

月日が経つのは早いもので、もう3月を迎えました。

 

おまけに週末は寒さが吹き飛んで、気温20℃になる暖かさが到来しました。

 

今月中に、ある程度の冬らしさが戻るらしいですけど、春がやって来るのが待ち遠しいいです。

 

先日、とある本屋さんに出向くと、新刊コーナーに特集されていた文庫本。

西村京太郎神戸電鉄殺人事件1

 

タイトルを見ると、「神戸電鉄殺人事件」。

 

トラベルミステリーの名手、西村京太郎さんの著作で、十津川警部が主人公の人気シリーズ。

 

神戸を題材にした作品は、いくつかありましたが、神戸電鉄が取り上げられることはなかなかないことです。

 

ボクは高校2年生まで神戸電鉄沿線の街に住んでいて、通学にも利用していた電車ですから、妙に入り込んでしまうのです。

 

ネタばらしするわけにいかないですけど、横浜に住む女優が、北野の異人館のプールで殺されたところから事件が始まっていくという・・・。

 

方々で殺人が展開されていくなかで、とうとう神戸電鉄の車内が、事件現場になってしまうのです。

 

西村さんは80歳を雄に越える年齢を感じさせない執筆ぶりで、1年に10作以上のペースで新刊を上辞されているのです。

 

テレビドラマでもお馴染みのキャラクターの十津川警部が、神戸電鉄で殺人を推理していること自体が、なんだか不思議です・・・。

 

ただ、有馬温泉での出来事=有馬線がメインで、ボクが乗車していた三木・粟生線は一切出てこないのは、残念ですけどね・・・。

西村京太郎神戸電鉄殺人事件2

 

通勤、通学に神戸電鉄を使われていた方は、一度、この小説を読んでみてはいかがでしょうか。