おすすめ映画作品15。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

おすすめ映画作品15。

  • 2019年08月20日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

蒸し暑さは健在ですね。

 

朝方に「少し涼しいかな・・・?」と期待を抱いて、出勤すると、すぐに猛暑を実感します。

 

秋が訪れるのには、まだまだ時間がかかるような・・・。

 

今回は、久々のおすすめ映画作品です(前回は邦画の「64-ロクヨンー」でした)。

 

1991年アメリカ公開、「羊たちの沈黙」です。

 

連続殺人「バッファロー・ビル」事件の犯人を探し当てるべく、FBI研修生クラリス(ジョディ・フォスター)が、猟奇殺人犯として収監されている、レクター博士(アンソニー・ホプキンズ)を尋ねます。

 

「殺人犯の異常な心理を理解できるのは殺人犯」で、レクターが推理する独特な精神分析で、残忍な犯人像をあぶり出していきます。

 

レクターは優秀な医師でもあり、偏執した考えから異常な趣向を持っているのですが・・・。

 

クラリスが抱える、心の闇を告白させることで、捜査にさらに協力をする姿勢をみせつつ、拘

束の隙を突いて、レクターは脱獄します。

 

手に汗握る展開のなか、「バッファロー・ビル」犯の居場所を特定でき、クラリスは間一髪の危機を逃れることができます。

 

ラストにて、レクターは南米からクラリスに電話をかけてきて、冗談めかしながら、予告をしつつ、物語は終わります。

 

「卓越したサイコパス・ホラー映画」の代表作で、その年のアカデミー賞主要部門を独占する快挙でした。

 

主演女優のジョディ・フォスターが名声を確固たるものにしたなかで、アンソニー・ホプキンスの怪演は際立っていました。

 

レクターの異常性は、その後「ハンニバル」、「レッド・ドラゴン」など人物像に迫った続編を作製、公開されていますが、内容はこの作品が群を抜いていると思います。