ホワイトニングと知覚過敏。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

ホワイトニングと知覚過敏。

  • 2018年06月5日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

6月になり、まだ激しい雨が降るといったことはないお天気。

けれど、沖縄では梅雨入りしていて、これから本格的にジメジメの季節が始まるのですね・・・。

「歯を白くする」、歯科における手段としては、かぶせ物(クラウン)やラミネートベニア(歯の表面に張り付ける『付け爪』に相当する)などが挙げられます。

これらの方法は、歯面そのものを切削して、人工のパーツで補う、ということになります。

では、虫歯でもなく、歯を削る必要がないケースでは、どんな方法があるのか、となるとホワイトニングの選択が出てきます。

A殿ホワイトニング前後
このホワイトニング、診療所内で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で自身の歯並びに合わせたトレーを利用する「ホームホワイトニング」、他にも「デュアルホワイトニング」などがあります。

にしクリではホームを行っていますが、過酸化尿素成分を含むジェルにとって、避けて通れない合併症が、知覚過敏症状で・・・。

個人差はありますが、シンプルに「しみる」から「歯が浮くくらい、たまらなく痛い」まで様々です。

強い症状では、ジェルの使用を一旦中断するなどして対応の幅を広げています。

最近では、知覚過敏歯磨剤「シュミテクト」ペーストをホームで利用するトレー内部に付着させ、しばらく歯に浸らせる、という方法も。

TIONキッド

ナイトエクセルキッド

いずれも決め手に欠けるとはいえ、「歯を白くしたい」という目的に向かっている方にとっては、とても弊害になるわけなので、これだ!と言える商品が早くでてほしいものです。