受験生の方の蜂窩織炎(ほうかしきえん)

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

受験生の方の蜂窩織炎(ほうかしきえん)

  • 2022年03月8日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

3月に入り、まだ寒さが残るなかで、暖かさが出てきました。

 

受験シーズンも終盤に差しかかり、大学は後期試験が残り、高校は公立入試が目前というところではあります。

 

にしクリには、今年も受験に臨まれる学生さんが、それこそ中学お受験から、大学や国家試験まで複数おられます。

 

これまでにも、中学入試や高校受験の直前に、虫歯が悪化して、お顔が腫れてしまう「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」に進行してしまった、学生さんを診させてもらったことが多々あります。

 

歯肉切開排膿させるにも、急性炎症が強すぎて、ガチガチに硬く腫れあがっており、先に抗菌薬(化膿止め)での消炎が必要になります。

 

この場合、もはや通常の内服薬(飲み薬)では改善せず、点滴による消炎を図ります。

 

受験を目前に控える状況のなかで、最短距離で解決させることを考えて・・・。

 

点滴も1日1回でOKなものを選び、腕や肘など(できるだけ利き腕でない側)の静脈へ翼状針を刺入して、100ml生理食塩水に混和したものを40分程度で滴下します。

 

おおむね3日程度続けるのが適するところで、腫れが柔らかくなったら歯肉を切開し、排膿路を確保します。

 

原因になった歯が保存できるならば根管治療(歯の根の掃除)になりますし、あまりに状態不良ならば抜歯を選択することになります。

 

タイミング悪く罹患してしまった、歴代の受験生の方々は、全員病状も改善し、志望校に合格しています(笑)。

 

人生の岐路で、少しでもサポートできることを感じる時かなと思います。

 

受験生の皆さんの朗報を祈念しています!