宮本輝さんの小説。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

宮本輝さんの小説。

  • 2018年11月13日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

秋らしい天候が続いて、過ごしやすい毎日です。

 

日が落ちるのが早く、暗くなった途端に寒くなりますね。

 

兵庫県ゆかりの小説家に必ず挙げられる、宮本輝さん。

 

この度、宮本さんのライフワークといえる、自伝的長編小説「流転の海」が、9巻の「野の春」をもって完結しました。

 

終戦直後の大阪の闇市のドサクサから再起を期した男、松坂熊吾の生きざまを職や家族、人間関係、周りの人々のサイドストーリーも束ねて、書き綴られています。

 

1巻が出版されたのが1982年、そこから37年の歳月をかけて、完結させた「超大作」で、登場人物も1200名近くにのぼっているそうです。

 

あまりに壮大で、ボクには簡潔に内容をご紹介することが難しいです。

 

学生の頃から宮本さんの本が好きで、多くの作品を読ませていただきました。

 

テニスや恋愛を通して、若者の躍動感や挫折を描いた「青が散る」、競走馬の勝負に様々な人間模様が交錯する「優駿」、神戸を舞台にした女性同士の愛憎も映す「花の降る午後」。

 

他にも「泥の河」、「道頓堀川」、「蛍川」の川三部作、「ここに地終わり海始まる」、「愉楽の園」・・・。

 

 

先日観た、TVのインタビューでは「私は今71歳、過去の小説家が最も充実した作品を書き上げているのが70代なので、これからが本当の勝負」と語っておられました。

 

今後も素晴らしい小説を世に出してもらいたいです。