患者様に重いアレルギー症状が出たら・・・。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

患者様に重いアレルギー症状が出たら・・・。

  • 2019年05月13日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

10連休の余韻もようやく、なくなりつつあります。

 

生活サイクルにしばらく違和感というのか、エンジンがかかりにくいというのか、が続きましたけど・・・。

 

にしクリに訪れる患者様で、問診票記載やチェアサイドでのやり取りで、アレルギー既往を述べられるシーンに多く遭遇します。

 

実際、治療中にアレルギーを起こす可能性があるのか、ないのか、は本当にわからないと思います。

 

有病者の方で、負荷のかかる治療(難抜歯や局麻での長時間かかってしまう処置)では、事前に点滴で静脈路を確保しておいて、注射薬剤を投与します。

 

けれども、突然に使用した薬剤などで容体が急変したら、点滴針を刺すにも、血管が縮こまっていて、時間が足りない状況になります。

 

「エビペン®」という注射薬剤があるのですが、筋肉注射で太ももや肩に打ち込む形になるものの、一刻を争う際は、この方法で対応です。

 

医療現場では薬剤や医療材料、他に学校では給食の食材によるアレルギーも重症化に直面する場合があるわけで、常備しておくことは、とても大事ですね。

 

このエビペン®、長らくファイザー製薬が販売しておりましたが、昨年マイランEPDに移管されています。

 

「ER」に直面したくはありませんが、何かあった際に、迅速な対処ができるような用意はしておkたいものです。