折れた歯の再植。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

折れた歯の再植。

  • 2016年08月29日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

猛暑の8月も終わりに近づき、朝夕は涼しさを感じ始めました。

 

つい1週間前には、神戸の1日の最低気温が28.9℃を記録(観測史上最高らしいです)したぐらい、「激しく暑い」がピッタリでした。

 

台風が続々と発生、上陸しており、秋に向かっていくことになるんでしょうか・・・。

 

ケガで顔をぶつけた際や硬い食材を噛んだ瞬間に、あっという間に発生する、「歯の破折」。

 

つまり、歯が折れてしまうことなんですけど・・・。

歯の破折1

 

歯の折れている箇所にもよりますが、浅い位置の破折なら、小さなかけらを取り出して、なんとか保存を試みてみることがあります。

歯の破折2

 

「歯の再植」といって、一旦抜歯した後、内部をきれいに掻き出した後、歯の方向を変えて、戻す作業を行います。

 

一時的「歯を抜く」わけですから、歯を失うリスクが生じます、かといって、歯が折れた場合にしっかりくっついて噛むことが得られる、歯科接着材料はいまだ出ていないです。

 

お口のなかは、唾液や飲食物にさらされますし、噛み合わす上下の歯の力も絶えずみられるわけですからね。

 

しっかり固定するのが、大事なんです。

 

ワイヤを用いたり、写真のような縫合する糸で歯を縛ったり、臨機応変です。

歯の破折・再植1

 

けれど、最も大事なのは「最初が肝心」。

 

この行程がうまくいかなかったら、成功率は著しく低下してしまいます。

 

ボクは病院口腔外科勤務時代からたびたび行ってきています、統計とってみたら、成功率は60%足らず。

 

ここでの「成功」は5年経過して、問題ない状態ということです。

 

成書では50-60%なので、おおむね同じぐらいなのかな、と実感しています。

 

歯が折れても即座に抜歯にせず、がんばって残せる手立てをとっていきたいです。