歯周病外科に用いる「リグロス®」って・・・。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

歯周病外科に用いる「リグロス®」って・・・。

  • 2019年07月16日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

暑いですね、いよいよ本格的な夏が始まった感じがあります。

 

近畿地方梅雨明けがまだのようですし、雨の勢いが収まれば、暑さがますます前面に出てくるような・・・。

 

歯周病の進行によって、歯を支えている骨が減ってしまって、繰り返し歯肉が晴れていたり、微妙に歯が動揺していたり、という患者様への治療は多く遭遇します。

 

歯の周りに付着した歯石を歯肉の上方・内部それぞれ除去しても、なかなかに状態そのものが改善しない場合、歯周外科に踏み切ることになります。

 

フラップオペレーションといって、歯肉を切開し、内部をかき出す、小手術的な対応をとるのですが、場合によって、人工骨や他の歯の部位からあご骨の一部を移植したりします。

 

2年ほど前から、人工材料で「リグロス®」なるものが登場し、これらの骨に混合させて利用することも出てきました。

 

歯の動揺を極力止めるなど、工夫も必要ですが、創部を治癒させて、術前以上に「骨を再生に近づける」には力強い内容ではあります。

 

今後も引き続き、患者様の歯周病状態によって、助けてもらう機会があると思います。