脳外科にお願いすることもある口腔外科の疾患。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

脳外科にお願いすることもある口腔外科の疾患。

  • 2019年03月13日

脳外科で診ていただくこともある、口腔外科の疾患。

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

3月も半ばに入ろうとしており、刻々と暖かさが増してきています。

 

花粉が多く飛散しているため、なかなか手ごわい春になっていますけど・・・。

 

先日、神鋼記念病院の脳神経外科部長である、上野泰先生が、地域連携室の室長と共に、にしクリに挨拶に来られました。

 

目的は「紹介患者様の開拓」でした。

 

脳外科の治療内容というと、脳梗塞やクモ膜下出血といった重症のもので、一刻も早い対応が必要、のイメージがあります。

 

でも、歯科や口腔外科で、虫歯や歯周病ではない、痛みに悩まされて、受診される患者様がにしクリでも、少なからずおられます。

 

代表的なものに「三叉神経痛」、「非定型顔面痛」が挙げられます。

 

「顔にビリッと電気が走る」、「顔を抱えるくらいツラい痛み」、といった強い症状もあり、こちらが見ていても、いたたまれないケースもみられます。

 

開業して遭遇する機会は減りましたが、ホームページをチェックされて、来院される患者様がコンスタントに散見されます。

 

「テグレトール™」という、抗てんかん薬が、昔からのファーストチョイスではありますが、経過が長い方ほど治りにくくて・・・。

 

三叉神経自体が脳から出てくる血管に圧迫されているケースがあったり、で、そういう場合も含め、MRI撮影・診断・治療依頼で、脳神経外科にお願いすることがママある訳です。

 

上野先生は、数年前に講演会で質問させてもらったことが縁でもありますが、わざわざ来ていただいて、お話させてもらえると、意思統一もできて、心強いです。

 

今後もお世話になるかと思います、よろしくお願いいたします。