M-1グランプリ2022。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

M-1グランプリ2022。

  • 2022年12月20日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

今年もいよいよあと10日ほどになりました、本当に1年経つのが早いです。

 

日本海側は大雪に見舞われて、国道などでも車列をなしての立ち往生が発生しました。

 

降雪量が激しいため、事故などの影響が心配ではあります・・・。

 

年末恒例の、今年の漫才No.1を決める大会、「M-1グランプリ」が開催されました・

 

通算18回目に当たる今大会は、7600組を超えるグループの1回戦から、戦いを重ねて、決勝の舞台に9組が選ばれていました。

 

初出場組が多く連ねるなか、どのコンビも緊張がみなぎった漫才になりました。

 

昨年、惜しくも優勝を逃すも、今年は準決勝敗退だった「オズワルド」は敗者復活で勝ち上がるも、上位3組には残れず。

 

コントタイプのお笑いを展開する「ロングコートダディ」と毒舌漫才の「ウエストランド」、正統派しゃべくり「さや香」が、最終決戦に進出。

 

スタイルが異なる3組による、ファイナルステージは、「ウエストランド」が1組登場のハンデをものともせず、井口の毒舌が冴え渡っていました。

 

普段のバラエティ番組での立ち位置そのままの芸風が、大舞台で炸裂、審査員7名のなかで6名の票を得る、圧倒的な優勝でした。

 

関西の情報番組で活躍する、「さや香」をボクは応援していて、2本のネタとも、安定していたので、なおのこと一発勝負での「爆発力」の難しさがテレビ画面を通しても実感できました。

芸人の皆さんには人生が懸かっている場での、結果を求められる、現実の厳しさに、学ばせてもらえることが多かったです。