★「猫ピッチャー」

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

★「猫ピッチャー」

  • 2016年04月25日

img-neko01

 

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

4月に入ってから、黄砂が吹いて、霞んでいる朝が多くあります。

 

ほこりが舞っているのが、はっきりしている時は、くしゃみが止まらないです。

 

最近の黄砂は、季節にあまり関係ないぐらい、一年中発生するので、鼻詰まりにはこたえます。

 

数年前からファンになった、マンガがあります。

 

読売新聞日曜版で、毎週連載されている、「猫ピッチャー」がそれです。

 

ミー太郎という1歳のネコが、飼い主の女の子から野球を教えてもらい、あっという間に140km台のストレートを投げれるようになります。

 

その能力を見い出されて、プロ野球「ヨミウミニャイアンツ」に入団し、活躍するお話。

 

ネコがマウンドから剛速球を投げ込むことなんて、ありえないんですが、このミー太郎のキャラクターに人気が集まりました。

 

作者の「そにしけんじ」さんの野球好きとネコ好きが相まって、このマンガが誕生したそうで、野球を通して、ネコの特徴を丁寧に表しているのが伝わってきます。

 

ネコである以外は、周りの大人(もちろん人間です)と、同じように行動しているので、その擬人化が面白いです。

 

img-neko12

 

ボクはネコ好きでもなくて(どちらかというと犬が好きです)、はじめは「中立的(笑)」でした。

 

けれど、続けて読んでいるうちに、紙面でミー太郎の活躍をみることが、「日曜のルーテイン」になってしまいました。

 

掲載されている新聞から切り抜いて、ネコを飼っている、クリニックのスタッフに渡しているぐらいです。

 

ボクの文章では、マンガの良さがなかなかに伝わらないので、是非読んでみてほしいです。

 

そういえば、大のネコ好きの、和歌山「まさご歯科口腔外科クリニック」の真砂先生夫妻は、このマンガ読んでいるのかな・・・。