「麒麟がくる」、最終回。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

「麒麟がくる」、最終回。

  • 2021年02月8日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

週末は年始の極寒を忘れてしまうほど、2月としては拍子抜けの暖かさでした。

 

まだ寒さへの警戒は変わらないけれども、気温が高いと、ホッとします(笑)。

 

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が2年越しの最終回を迎えました。

 

通算59作目の大河の主人公は明智光秀、「悲劇の人」がメインに取り上げられることもこれまでにない展開でした。

 

新型コロナ禍によって、3か月の収録中断があったため、年末の最終回ではなくて、翌年の2月になったことも、なんだか不思議なもので・・・。

 

「麒麟」は想像上の生き物で、王が仁ある政治を行った際に必ず登場する聖獣です。

 

長谷川博已さん演じる明智十兵衛光秀は、これまでのイメージを覆す、異なる光の当て方をされていました。

 

最終回「本能寺の変」で信長を討った後も、包囲網に追い詰められて殺された通説ではなく、生存していたような(!)設定で、ドラマは大団円を迎えました。

 

決して確定したものにしていない、含みを残した終わり方に、とても奥深さを感じました。