にしクリでの「親知らず抜歯」の流れ。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

にしクリでの「親知らず抜歯」の流れ。

  • 2017年08月15日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

ジメジメした暑さが続いていて、やっぱり寝苦しいです。

 

お盆入り直前あたりから気温が少し下がって、多少マシなりましたけど、それでもまだまだ・・・。

 

親知らず抜歯の患者様、ほとんど毎日といっていいほど、その機会があります。

 

近隣歯科先生からのご依頼も増えて、有り難くもあります。

 

ところで、親知らずの抜歯、にしクリでは初回診察時(ほとんどの方にとっては「初診時」になりますよね)には処置をせず、説明に傾注しています。

 

頻繁に遭遇するのが、初診、即、「(親知らずが)痛いから、今から抜いてください」、「この日1日のために、仕事休んできました。もう休めないので、今日抜いてください」というパターン。

 

子供さんの乳歯グラグラでも、年配の方の動揺著明な歯周病末期の歯でも抜くとなれば、「抜歯」。

 

下あごの深い位置に、横たわった状態の親知らずも、抜くとなったら、「抜歯」。

 

同じ言葉の「抜歯」でも、処置のレベルや患者様に降りかかるリスクが、あまりに異なり過ぎます。

 

いうまでもなく、抜歯リスクが生じるからで、レントゲン撮影し、時間をかけた説明、ここがすごく大事です。

下親知らず抜歯1下親知らず抜歯2

 

説明では、下なら下唇やオトガイ(下あご中央部です)の知覚マヒ、上なら副鼻腔への交通、また歯根湾曲時の対応(分割した状態にして待機期間を設ける2回法)、可能な限り午前診11時半開始・・・、いろいろお伝えし、意思統一を図っています。

 

大多数の方が同意していただいて、後日予約日での抜歯となるのですが、どうしても意思統一ができない時は・・・、「申し訳ありません、にしクリでは抜歯は無理ですので、他の診療機関をお願いします」とお話しています。

 

これは病院口腔外科勤務時代からついて回る、頭の痛い問題なのですが、同じレベルの先生に複数尋ねると、ほぼ同じ答えが返ってきますね。

 

ボク自身の実力やにしクリの診療スタンスを考えると、やはり、「1回目説明・同意書、2回目予約抜歯」で今後もやっていくつもりです。

 

患者様には詳しく説明させてもらいますので、これからもよろしくお願いいたします。