大阪国際を制した、松田選手のシューズ。

にしまつ歯科クリニック

<<毎週月曜更新>>

CALENDAR

  • 休診日カレンダー

    Loading...
    << Previous | Next >>
      1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29  
…診察日
…休診日
…午後休診
※土曜午後は17:00まで

神戸市東灘区本山中町2丁目3-12
メゾン本山中町EAST1階

大阪国際を制した、松田選手のシューズ。

  • 2020年01月28日

こんにちは、にしまつ歯科クリニックの西松です。

 

なかなか寒くならない(!)、冬と言い難い天候が続いています。

 

底冷えするぐらいの寒さがあってもおかしくないですけどね・・・。

 

先日、開催された大阪国際女子マラソン、一番にゴールに飛び込んだのは、ダイハツ所属の松田瑞生選手でした。

 

東京五輪のマラソン日本代表3枠のうち、すでに2名は内定。

 

1つ残る代表枠を勝ち取る条件は、昨シーズンの日本人最高記録より速く、一番で走ること。

 

スタート直後から高速レースの展開のもと、松田選手はスピードが落ちることなく、42kmを駆け抜けました。

 

2時間21分40秒台のタイムは、大一番で額面通りの走りをしたということも含めて、文句のつけようのないものだったと思います。

 

松田選手が履いていたシューズはニューバランス社のもので、薄底型。

 

元アシックスのシューズ職人であった、三村仁司さんが手がけていました。

 

アシックスを定年退職後、加古川市でシューズ工房「ミムラボ」を経営する傍ら、アディダス、今回のニューバランスのシューズ製造に関わっておられます。

 

「現代の名工」、ここにありですね。